架空詐欺


出会いサイトを検証ァお気に入りの出会いサイトを探そう

哩ヒ空詐欺

 以前から詐欺行為としてよく知られる手口の一つに『架空請求』があります。架空請求とは、実際に使ってもいないのに、料金請求のメールやハガキなどが届けられるというものですが、出会い系サイトの架空請求が一般的に知られるようになった今日でも、その被害が後を絶たないのが現状です。
一般的に支払ってしまう人の多くは、過去に1度でも出会い系サイトを利用したことのある人で、“身に覚えがある”ことから支払ってしまうようです。
多くの場合、実際に登録したサイトではなく、『債権回収機関』などを名乗り、不当料金を請求してきます。

仮に正当性のある料金であっても、登録したサイトからの請求は一切ない状態で、規約にも書かれていない債権回収業者による請求は、情報漏洩していることに他ならず、不当請求だと言うことが出来ます。
架空請求の時にセットになってよく使われる言葉に「少額訴訟」というものがあります。
少額訴訟とは、30万円以下の支払い請求の場合に、数千円の訴訟費用でおこなうことが出来る簡易な訴訟です。

しかし、訴訟を行うということは、業者は架空請求によって、脅迫的に支払いを要求している事を法廷で証明することになるので、現実的には悪質な業者が訴訟を起こすことは殆どありません。
ただし、例外として、訴訟の通知が裁判所から届いた時には、出廷する必要があります。
業者から送られてくる架空請求に対しては、無視をするのが良い方法になりますが、裁判所から送られてきた場合には、例え身に覚えの料金に対する請求であっても、出廷の要求に応じなければ、その事自体が罪に問われてしまいます。
そのような場合でも、不当請求であれば、正式な場でそれを証明するだけで良いので、必ず裁判所からの要請には応じなければ行けません。



失敗しないサイト選び」はこちら

完全版出会いランキング