小額訴訟 対応策


出会いサイトを検証ァお気に入りの出会いサイトを探そう

酪ャ額訴訟の対応策

 不幸にも裁判所から出頭命令が来てしまったら、まずはそれが本当に裁判所から送られたものであるかを確認します。最近は裁判所からの通知と見せかけてお金をだまし取る詐欺も横行しているので、必ず裁判所に問い合わせるようにしてください。

裁判所からの通知には、かならず訴訟を受け付けた裁判所が記載されています。その裁判所に、送付されてきた出頭通知が本物であることを確認します。

「裁判所には問い合わせないでください。問い合わせは以下の番号にお願いします。」というようなことが書いてあっても、まずは必ず裁判所に直接問い合わせます。

一番確実なのは、最寄りの簡易裁判所に出頭通知を持って行って、裁判所の人に見てもらうことです。 何度も書きますが、無視するとあなたが自動的に敗訴し、法的に料金の支払い義務が生じます。 元は架空の請求であっても、裁判所が「支払い義務がある」と認定してしまうと、その後にどうこう言っても絶対に代金を支払わなければなりません。

その案件に関しては判決が確定しますので、支払い義務が生じてから慌てて「そんなことは知らない!民事裁判で訴える!!」と言っても、裁判所はまったく受け付けてくれません。

 出頭通知が本物であることが判明した場合、あなたには2つの選択肢があります。

1.指定日に裁判所に出頭する
幸運にも近くの裁判所で訴訟が起こされた場合、指定日に堂々と出頭しましょう。
裁判所が遠方の場合、出頭日までに最寄りの裁判所で移送申請を行い、最寄りの裁判所へ出頭します。
結局は架空の請求ですから相手側に証拠になるような物はまったく用意されていません。
訴訟を起こした相手と顔を合わせることになりますが、ここは悪徳業者の顔をよーく観察して目に焼き付けておきましょう。
出頭さえすれば、こちらが負けてしまうことはまずありません。

2.通常控訴への移行手続きを行う
要するに、「少額訴訟はイヤです。通常の民事裁判をやります。」という申請です。相手側はこの申請を拒否することはできません。
通常の民事裁判になると、証拠の提出義務が発生します。また、いざ裁判が始まると弁護士費用などかなりの出費が必要となる上、時間もかかります。
架空請求であれば、相手にとっては負け戦。もしも負けてしまうと裁判にかかった費用も全額負けた側に支払い義務が生じますので、通常訴訟へ移行した時点で、慌てて訴訟を取り下げようとしてくるはずです。
もし相手がしっかりした証拠を提出してきた場合や、通常訴訟でも受けて立つという姿勢を見せてきた場合、あなたが本当に代金を支払っていないのかもしれません。
その場合は自分だけで解決しようとせず、弁護士の先生に相談した方がいいです。下手に相手と直接コンタクトをとると、後々面倒なことになる可能性もあるからです。



失敗しないサイト選び」はこちら

完全版出会いランキング